スポーツ障害

スポーツ障害

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • ⼿をつくと⼿⾸が痛む。
  • キャッチボール等をすると肘が痛む。
  • 膝の曲げ伸ばしで痛む。
  • ⾜⾸を下に伸ばすと痛む。
  • 肩を回すと痛む。
  • ⾜をつくスネが痛む。
  • 歩行をすると⾜の裏が痛む。
  • プレイをすると腰が痛む。
  • ⾝体を捻ると体幹が痛む。

スポーツ障害はなぜ起こるの?

スポーツ障害が起きる大きな理由の一つは、オーバーユース(使いすぎ)です。 例えば ・投球 ・ラケットやバット、クラブのスイング ・ジャンプ ・キック動作・・・などが挙げられます。 スポーツ障害は 1.特定の筋肉のオーバーユースにより負荷がかかる 2.度重なるストレスにより炎症が起こる 3.ブラジキニンが発⽣する 4.ポリモーダル受容器に伝達される 5.脳へ痛みのサインが伝わる このような流れで起きると考えられています。 ・関節の可動域 ・腱の状態 ・関節や⾻の状態 ・患部の周囲への悪影響の有無 ・痛みを出してしまう様な動き等 痛みのある患部を部分的に見るのではなく、多角的に視野を広げ身体全体の状態を細かく確認することが大切です。 また、他の症状にも共通して言えることですが、特にスポーツ障害がなかなか良くならなかったり、悪化したりする場合、痛みがなければ治ったと自己判断して治療を中断してしまうケースがほとんどです。 スポーツ障害を治すには、しっかりと完治するまで治療を続けることが非常に重要です。

このお悩みにはこちらの施術がオススメ!