産後うつ

産後うつ

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 何でもない事でイライラして落ち着かない。
  • 気分が落ち込んで悲しくなったり涙が出てくる。
  • 考えがまとまらず、家事にやたらと時間を取られる。
  • 寝つきが悪くなったり、逆に眠りすぎたりしてしまう。
  • 食欲がない、または逆に食べすぎてしまう。
  • 赤ちゃんや夫に強く当たってしまう。
  • 何事も自分が悪いと考えてしまう。
  • 漠然と不安になったりする。
  • 他人との交流を面倒に感じる。
  • 頭痛や動悸、息苦しさ、肩こりなどがひどい。

産後うつとは?

産後うつとはその名の通り、産後に現れるうつ症状のことです。 育児へのプレッシャーや不安などがストレスになって発症するもので、うつ病の一種と考えられています。

主な原因

ホルモンバランスの偏りや生活環境、もしくはその両方の要因が重なって産後うつになるといわれています。 ① ホルモンバランスの変化 妊娠中に増加していた女性ホルモンが出産後急激に減少します。 ですが反対に母乳の分泌にかかわるホルモンが急増するためホルモンバランスの変化に身体がついていかず自律神経が乱れて情緒不安定になってしまいます。 ② 育児疲れ、睡眠不足 家事だけでなくオムツ交換、抱っこでの寝かしつけなどにより一層疲労が身体に蓄積していきます。 また昼夜問わず行う授乳より睡眠不足や食事が不十分に取れず疲れが抜けず身体だけでなく心も不安定になってしまう傾向にあります。 ③ 育児によるプレッシャー 赤ちゃんは少しの刺激で体調を崩しやすく、些細なミスが重大なケガや病気に繋がるため「赤ちゃんを健康に育てないといけない」という強い責任感とプレッシャーに押し潰れそうになりながらお世話を続けるため心が疲弊してしまうことが多いです。 ④ 周囲の協力が得られないことによるストレス ⑤ 先行きの不安 食事もろくに取れない、体調不良・寝不足が続きストレスを抱えたままの生活がずっと続くのでは?家事育児を一人で担う生活をいつまで続ければいいのか?」これからに対する不安も原因の一つとして考えられます。

当院の治療方法

当院では西洋医学と東洋医学を組み合わせた治療を行っています。 西洋医学→筋肉や関節にアプローチし身体の不調を整えていく治療法 東洋医学→鍼や灸など身体の内側から根本的に治していく治療法 ① 東洋医学での治療 お灸は温めることによりリラックス効果があるため自律神経の乱れを整えることができます。 ② 産後骨盤矯正 産後の歪んだ骨盤を矯正していくことで下がってしまった内臓の位置を戻す事ができます。それによりホルモンバランスを整えていきます。 また施術することにより筋緊張が緩和し身体に蓄積した疲れを取り除くことができます。 話すことでスッキリする事もあるのでお悩みがありましたらぜひご相談ください! 一緒に治していきましょう!

このお悩みにはこちらの施術がオススメ!